山形県民共済|YAMAGATA MOM CHEERFUL DIARY
山形県民共済|山形ママ 晴ればれDiary
山形ママたちのリアルエピソード。
自分のことも、子どものことも、
家族のことも、よっぐ考えてます。

ナビゲーター

mama*jam代表

山川唯美

(山形市在住・37歳・会社員・5歳男児、0歳女児のママ)

皆さん、こんにちは!私は5歳の男の子と0歳の女の子の子育て中ママです。
普段は仕事をしながら、山形ママコミュニティmama*jamの運営をしています。

このエピソードは、2024年1月18日の「山形ママ晴ればれLIVE」にて配信いたしました。

当日のダイジェストはこちらからご覧いただけます。

「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

晴ればれDiaryの一覧はこちらからご覧いただけます。

Vol.38

2023年9月1日掲載『長女が18歳になります』

「山形ママ 晴ればれDiary」は、山形県民共済とmama*jamがコラボして、子育て真っ盛りの山形ママと一緒に「ぶっちゃけ、共済ってどうなの!?」ということを語り合うコーナーです。
今回は山形市在住の山本梓さんのエピソード「長女が18歳になります」編です。
mama*jamの山川唯美です。
今回は山形市在住の山本梓さんのリアルエピソードをご紹介します。
山本さんは、4姉妹(17歳・14歳・5歳・2歳)のママです。

■山川
山本さん、こんにちは!山本さんは、ご自身もお子さんも県民共済に加入しているそうですね。

■山本さん
山川さん、こんにちは!はい、そうなんです。私と、長女次女の3人が加入しています。
もともと私は外資系の医療保険に入っていたのですが、病院にかかり、後日保険会社に請求しようと思ったらその請求手続きが非常に煩雑で・・。何かあったときにこれでは手続きが大変だと実感しました。

■山川
そうでしたか。その後、県民共済に加入した決め手は何だったのですか?

■山本さん
決め手は、「共済金の請求受付が電話一本でできるという安心感」そして「掛金が安く、割戻金があること」です。
加入後、私が切迫早産で入院したときも迅速な対応をしていただきましたし、保障があることで経済的にも助かりました。もちろん、子どもが病気で入院した際もとても助かりました。

■山川
安心感がありますよね。私も子どもが入院した経験があるので、わかります。
ところで山本さんの長女さんは間もなく18歳とのことですが、「こども型」の保障って18歳まででしたよね。その後の保障についてご家族で何かお話をされていますか?

■山本さん
まったく頭になかったです!そうですよね、間もなく18歳になります。そういえば先日、長女宛に県民共済から封書が届いていた気もします。
何か手続きが必要なのでしょうか?

■渡邉さん(山形県民共済)
山本様、ご家族で県民共済にご加入いただき、ありがとうございます。
こども型の保障期間は満18歳になられて初めて迎える3月末までとなっており、その後はお子様ご自身が組合員ならびにご契約者となり、総合保障型へ自動継続されます。

そこで、年度末までに18歳になるお子様を対象に、7月(4月~9月生まれの方)と9月(10月~3月生まれの方)に「こども型」から「総合保障型」への共済継続についてのお知らせと意向確認のご案内をお送りしています。

このご案内は、こども型満了後も保障を継続するか・しないか、共済継続のご意向を確認させていただくものです。※


なお、お手続きをいただかなかった場合は、現在加入されているこども型と同額掛金の総合保障型へ自動継続となりますので、保障が切れてしまうことはありません。4月以降もコース変更や解約の手続きは随時承りますので、進路に合わせて保障を見直すきっかけにしていただければと思います。

また、進学や就職に伴い山形県外へお引越しされるお子様も多くいらっしゃるかと思いますが、お引っ越し先の都道府県民共済へ管理を移す手続き(移管手続き)をしていただくことで保障を引き継ぐことができます。「山形県民ではなくなるから解約しなければならない」ということはありませんので、ご安心ください。

※総合保障型以外のコースへの変更や特約コースを追加してのご継続をご希望される場合は、1月下旬に発送予定の「生命共済「こども型」の保障期間満了に伴う継続コースのお知らせ」をご確認ください。


■山本さん
そうなのですね。ありがとうございます!
まだ、長女は進路が定まっていないのです。進学であれば卒業まで親が掛け金を支払うことを話そうと思いますし、就職であれば掛け金の支払いをどうするかや保障内容について話し、自分で考えてもらおうと思います。

■山川
高校3年生だと、進路もそうですし春から住む場所もまだ決まっていないことのほうが多いですよね。
柔軟に対応していただけることは助かりますね。

■渡邉さん(山形県民共済)
はい、手続き方法や継続後の保障内容、移管手続きなど、ご不明な点がありましたらいつでもご連絡ください!

■山本さん
ありがとうございます、助かります!娘ともいろいろ話してみようと思います。




山形県民共済
渡邉さん
18歳となるお子様を対象に封書をお送りしております。この機会にご家族でお話いただき、分からない点はいつでもお問い合わせください!