山形県民共済|YAMAGATA MOM CHEERFUL DIARY
山形県民共済|山形ママ 晴ればれDiary
山形ママたちのリアルエピソード。
自分のことも、子どものことも、
家族のことも、よっぐ考えてます。

ナビゲーター

mama*jam代表

山川唯美

(山形市在住・37歳・会社員・5歳男児、0歳女児のママ)

皆さん、こんにちは!私は5歳の男の子と0歳の女の子の子育て中ママです。
普段は仕事をしながら、山形ママコミュニティmama*jamの運営をしています。

このエピソードは、2024年5月22日の「山形ママ晴ればれLIVE」にて配信いたしました。

当日のダイジェストはこちらからご覧いただけます。

「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

晴ればれDiaryの一覧はこちらからご覧いただけます。

※掲載されている情報は、掲載日時点の保障内容となります。

Vol.37

2023年8月1日掲載『割戻金って』

「山形ママ 晴ればれDiary」は、山形県民共済とmama*jamがコラボして、子育て真っ盛りの山形ママと一緒に「ぶっちゃけ、共済ってどうなの!?」ということを語り合うコーナーです。
今回はmama*jam代表の山川唯美のエピソード「割戻金って」編です。
mama*jamの山川唯美です。
今回は私が加入者として疑問に思ったことを県民共済さんにお聞きします。
わが家は、夫、私、4歳の子ども1人の3人家族です。息子が「こども1型」に加入中。前回のエピソードに書きましたが、私は「総合保障2型」に加入中です。
毎月配信をしている「山形ママ晴ればれLIVE」でもよくお話をするのですが、1年の間に県民共済さんから青い封書が数回届きます。先日、その中でも楽しみにしている封書「割戻金のご案内」が届きました。早速中を見てみると…息子が加入しているこども型の割戻金について書いてありました。私は加入したばかりなので対象外でした。

■山川
ん?これまで例年いくらか割戻金があったはずだけど、あれ?「****」と書いてある…。ということは、今年は割戻金はなしなのか…。でも同封されていた書類をよく読んだら、なるほど!昨年度は新型コロナウイルス感染症にまつわる共済金請求が全国的に(もちろん山形も)たくさんあったから、剰余金がなくなってしまったのか!毎年当たり前に割戻金をいただけるものと思っていましたが、そういうことであれば、私の掛金も困っていたお子さんのためになったのかなぁと思いました。

■渡邉さん(山形県民共済)
山川さんにも封書が届きましたね!そうなんです、今年は山形県民共済を含む全国の都道府県民共済で「こども型」の割戻金がありませんでした。
山川さんがおっしゃったとおり、昨年度は新型コロナウイルス感染症にまつわる共済金請求がたくさんあり、皆さまからお預かりした掛金から共済金をお支払いしておりましたが、掛金だけでは足りず・・・・・・
(このような時に備えて事業費の中から毎年積み立てている異常危険準備金等を利用して、滞りなく共済金をお支払いさせていただきました。)
今年はそのような理由で剰余金を出すことができず、こども型は割り戻しを行うに至りませんでした。
今年の「割戻金のご案内」のご送付の後、山川さんと同様に「****」の表記が分かりにくいとのお問い合わせを多数いただいております。分かりにくい表現となっており、大変申し訳ありませんでした。

■山川
少し、浮ついた気持ちで割戻金がくる夏を楽しみにしてしまっていましたが、そもそも、割戻金の仕組みってどういう風になっているの?ということを改めて教えてください!

■渡邉さん(山形県民共済)
「割戻金」とは、毎年3月の決算で剰余金が生じたとき、3月31日現在で共済に加入されている方を対象にお戻ししているものです。
前年4月保障分から当年3月保障分までの1年間に払い込まれた掛金に割戻率を乗じて算出し、例年8月上旬に掛金振替指定口座にお戻ししています。割戻金は、共済金のお支払い等が多ければ減り、少なければ増える仕組みになっています。


■山川
なるほど!山形県民共済さんのCMなどで「助け合い」とよく聞きますが、そういう仕組みなのですね。先ほどもお話ししましたが、私の掛金も困っている方のお役に立てたと思うと、気持ちが良いですね。わが家は自宅療養が共済金の支払対象になる期間には新型コロナに感染しませんでしたが、先日息子が指をやけどし、ケガの通院で共済金を請求をさせていただいて、助かりました。これぞ相互扶助の精神ですね。

■渡邉さん(山形県民共済)
ご理解いただけて嬉しいです。

■山川
割戻金が発生しないくらい共済金の請求があったということは、渡邉さんはじめ職員の皆さんも昨年はお仕事がお忙しかったのではないですか?

■渡邉さん(山形県民共済)
正直申しまして、とても忙しかったです。1日の仕事量がいつもの10倍くらいになっていました(汗)

■山川
10倍…。病気やケガなど保障を受けられた方みんなが「助かった~」と思ったと思います。
職員の皆さんも、昨年はお疲れ様でした。

■渡邉さん(山形県民共済)
いえいえ、ご加入者様に滞りなく共済金をお支払いできてほっとしています。

■山川
私のように、加入していて感じるちょっとした疑問も、県民共済さんは丁寧に教えてくださいます。また、先にも書きましたが息子のやけどの共済金請求手続きもとても迅速にご対応いただきました。加入を検討中の方、加入中の方、質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせすることをお勧めします!

■渡邉さん(山形県民共済)
ありがとうございます!
おちかのページ内には「教えて!県民共済」というよくあるご質問をまとめたページがありますし、山形県民共済のトップページにもAIチャットボットを設置しております。お電話でのお問い合わせが難しい場合は、ぜひこちらも参考になさってください。

■山川
新型コロナウイルスのような全世界を巻き込む未曾有の感染症がもう出ないことを願って…、やはり来年の割戻金は少し楽しみに待ちたいと思います(笑)
渡邉さん、ありがとうございました!





山形県民共済
渡邉さん
ちょっとした疑問や、県民共済の助け合いの仕組みなど、いつでもお気軽にお問い合わせくださいね!