山形県民共済|YAMAGATA MOM CHEERFUL DIARY
山形県民共済|山形ママ 晴ればれDiary
山形ママたちのリアルエピソード。
自分のことも、子どものことも、
家族のことも、よっぐ考えてます。

ナビゲーター

mama*jam代表

山川唯美

(山形市在住・37歳・会社員・5歳男児、0歳女児のママ)

皆さん、こんにちは!私は5歳の男の子と0歳の女の子の子育て中ママです。
普段は仕事をしながら、山形ママコミュニティmama*jamの運営をしています。

このエピソードは、2024年3 月14日の「山形ママ晴ればれLIVE」にて配信いたしました。

当日のダイジェストはこちらからご覧いただけます。

「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

晴ればれDiaryの一覧はこちらからご覧いただけます。

Vol.35

2023年6月1日掲載『日帰り検査のはずが…』

「山形ママ 晴ればれDiary」は、山形県民共済とmama*jamがコラボして、子育て真っ盛りの山形ママと一緒に「ぶっちゃけ、共済ってどうなの!?」ということを語り合うコーナーです。
今回は米沢市にお住いの高橋久美さんの「娘が10ヶ月で入院」編です。
mama*jamの山川唯美です。
今回は米沢市に住む、高橋久美さんのエピソードをご紹介します。
高橋家は、パパ、ママ、お子様2人(6年生の男の子と年少の女の子)の4人家族です。

■山川
mama*jamの山川唯美です。
今回は米沢市に住む、高橋久美さんのエピソードをご紹介します。
高橋家は、パパ、ママ、お子様2人(6年生の男の子と年少の女の子)の4人家族です。

■山川
久美さん、よろしくお願いします!久美さんは今年度のmama*jamの運営メンバーに挙手してくださいましたね!

■高橋久美さん
はい、そうなんです。以前からmama*jamのSNSは見ていたのですが、活動に参加する機会がなくて…。今年度は新しいことにチャレンジしてみたいなと思って手を挙げてみました!よろしくお願いします!

■山川
活動への参加、とても嬉しいです!
今回は県民共済さんとのコラボ企画「晴ればれDiary」へのエピソード提供もいただけるということで…。

■高橋久美さん
はい、うちは夫と子どもたちが加入しています。私もいずれ加入をと思っていますが、今回は今加入を検討している方に少しでも参考になればと思ってお話ししますね。

■山川
ありがとうございます!早速ですが、それぞれどのコースに加入されているのですか?

■高橋久美さん
夫は総合保障2型に。息子はこども1型です。2人は他にも生命保険に加入していることもあり、そこで足りないなと思う部分を県民共済で補うような考え方です。
他に加入していない娘に関しては、こども2型に加入して万が一に備えています。
加入の時、夫が全員分スマホで申し込みしたんですよ~!

■山川
スマホで申し込みですか!今はネット申し込みが可能ですもんね!

■高橋久美さん
ただちょっとスマホだと3人分の申し込みに手こずったようだったので、窓口とかパソコンでの申し込みが良かったかなと後から話したところです。
1人分だったら簡単みたいでしたよ!

■渡邉さん(山形県民共済)
3名様も同時にご加入いただきありがとうございます!インターネット申込みは、掛金振替口座の捺印が不要だったり、保障の開始が早くて良いところもあります。
けれども、おひとりずつの情報入力が必要なので、3回繰り返し入力いただくのはご不便だったかもしれませんね。
地域を活動している普及職員がご訪問して、申込み手続きのお手伝いもできますので、ぜひお気軽にご相談ください!

■高橋久美さん
いろいろな申込み方法があるんですね!私が加入する際には、まずご相談したいと思います。

■山川
それがいいですね!
久美さん、ご家族はこれまで共済金の請求はしたことありましたか?

■高橋久美さん
娘が10ヶ月のときでした。離乳食を食べさせていたら、目の動きがおかしいなと思って、「あれ?喉に詰まったかな?」と思って様子を見ていたのですが、詰まってる様子もなく、そのあと強い瞬きと白目っぽい感じが続いたので、急いで動画を撮りました。そのあと症状は治まったので、後日風邪をひいた時にかかりつけの小児科でその動画を見せたら「てんかんの疑いがあるかもしれません」と言われて、不安になりました。
もともと7ヶ月検診がコロナで中止になり問診票だけ市に提出しました。
娘は7ヶ月で寝返りせず、うつ伏せも頭を持ち上げることも、寝返りして仰向けに戻ることもできず、お座りもできなかったこともあり、運動発達の遅れも気になっていました。問診票をもとに後日保健師さんから電話が来るという感じだったのですが、今回のてんかん疑いも気になるからと総合病院を紹介されました。
初診は脳波の検査をし問題なし。後日、鎮静剤を使ってMRI検査をしたのですが、なんと検査後に鎮静剤の眠りから目覚めず…。そのまま入院することになったのです。不安な中、私が付き添い入院しました。

■山川
鎮静剤から目覚めないのは心配になりますね。

■高橋久美さん
鎮静剤が効きすぎてしまったのか、次の日にかけてゆっくり目が覚めて、1泊2日で退院しました。起きて私を見てくれたときは本当にほっとしました。1泊2日でしたが、不安だったのでとても長く感じました。結果的にMRI検査は異常なく、発達の経過観察のみとなりました。
この出来事で県民共済の共済金請求をさせていただきました。

■渡邉さん(山形県民共済)
高橋様の娘さんはこども2型にご加入いただいておりますので、入院保障は1日あたり10,000円となっております。今回は1泊2日でしたので2日分の入院共済金をお支払いさせていただきました。

■高橋久美さん
もともと日帰り検査のはずが、こういうこともあるんだなと勉強になりました。そして、県民共済さんには保障の問い合わせから共済金の入金まで素早い対応をしていただき助かりました。

■渡邉さん(山形県民共済)
入院は1日目からの保障となりますし、共済金の迅速なお支払いにも努めておりますので、このたびのような急な入院の際にもお役立ていただけると思います。元気に過ごされることに越したことはありませんが、お子様のお守り代わりにぜひご加入を検討ください。

■山川
これまでも様々なママのエピソード提供をいただきましたが、子育てしていると本当にいろんなことがありますね…。今回はエピソードのご提供ありがとうございました!

■高橋久美さん
今後も何があるかわかりませんが、子どものことを考えると加入していてよかったなと思っています。山形で子育てされている方の参考になれば幸いです。
ありがとうございました!

山形県民共済
渡邉さん
加入申込みの方法はさまざまございますので、手続きしやすい方法をご案内します。
お気軽にお問い合わせくださいね!