山形県民共済|YAMAGATA MOM CHEERFUL DIARY
山形県民共済|山形ママ 晴ればれDiary
山形ママたちのリアルエピソード。
自分のことも、子どものことも、
家族のことも、よっぐ考えてます。

ナビゲーター

mama*jam代表

山川唯美

(山形市在住・37歳・会社員・5歳男児、0歳女児のママ)

皆さん、こんにちは!私は5歳の男の子と0歳の女の子の子育て中ママです。
普段は仕事をしながら、山形ママコミュニティmama*jamの運営をしています。

このエピソードは、2024年3 月14日の「山形ママ晴ればれLIVE」にて配信いたしました。

当日のダイジェストはこちらからご覧いただけます。

「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

晴ればれDiaryの一覧はこちらからご覧いただけます。

Vol.29

2022年12月1日掲載『加入を検討しています』

「山形ママ 晴ればれDiary」は、山形県民共済とmama*jamがコラボして、子育て真っ盛りの山形ママと一緒に「ぶっちゃけ、共済ってどうなの!?」ということを語り合うコーナーです。
今回は山形市内在住の松田喜恵さんの「加入を検討しています」編です。
mama*jamの山川唯美です。
今回は山形市在住の松田喜恵さんのリアルエピソードをご紹介しています。
松田家は、夫と2人の子ども(5歳長男、1歳長女)の4人家族です。

■山川
喜恵さん、よろしくお願いします。

■松田喜恵さん
よろしくお願いします!
私は時々ですが、mama*jamと山形県民共済さんのLIVE配信LINEを見ています。
これまで保険とか共済とかあまり深く考えたことがなかったのですが、配信などをきっかけに唯美さんの話にうなずくことも多く、山形県民共済の職員の方たちも優しそうな雰囲気が伝わってきて、加入について興味を持ち始めました。

■山川
それは嬉しい声です。いつも見ていただきありがとうございます!

■松田喜恵さん
先日、夫が職場で山形県民共済のパンフレットをもらって帰ってきたこともあり、ちょうどよく夫婦で少し話す時間が取れました。
まだ「加入する!」とまでは決めかねていたので、今日は詳しくお話を聞けたらいいなと思っています。

■山川
どなたの加入を検討しているのですか?

■松田喜恵さん
夫と1歳の娘の加入を検討しています。
私は独身の頃から加入している保険があるのと、息子はばぁばが契約者として加入してくれていて(笑)
夫も加入している保険があるのですが、子どもが2人になったこともあり、健康のことも気になってきたので、毎月の負担が少ない県民共済に魅力を感じているようです。
娘は1歳ですでに足腰しっかり歩きます(笑)これからますます私に似ておてんばになりそうなので、ケガの心配があります。

■佐藤あゆさん(山形県民共済)
山形県民共済の佐藤です。いつも私たちのLIVE配信やLINEを見ていただきいただきありがとうございます。
ご検討いただいている旦那さんの方からご説明いたしますね。
まずは今加入されている保険の保障内容を確認していただきたいと思います。
そこで、保障が足りないなぁと思う部分を県民共済で補うという考え方ができます。

そして、県民共済では大人が加入できるコースは大きく分けると2つあります。
「総合保障型」「入院保障型」です。
その名の通り、死亡保障も含めた総合的な保障があるものと、入院した際に手厚い保障が受けられるものです。
健康のことが気になっていると仰っていたので「入院保障2型」をお勧めしたいと思います。

■松田喜恵さん
なるほど!今入っている保険の保障内容を見て足りないところを共済で…ということですね。夫と話してみます!
パパに入院されたら収入の面でも困ると思うので「入院保障2型」をじっくり見たいと思います。

■佐藤あゆさん(山形県民共済)
詳しくは上の文字にリンクを付けているのでタップしてご覧くださいね。

続いて娘さんにおすすめなのは「こども型」です。これまでも何度かご説明してきましたが、「こども型」には掛金が月1,000円の1型と、2,000円の2型があります。2型は1型の2倍の保障内容です。
まずは月1,000円の1型へのご加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

参考になればですが、私は3人の息子がいて当初は1型(月1,000円)に入っていましたが、入院やケガが多くて途中で2型(月2,000円)に変更しました。お子様の成長や、ご家庭の事情に合わせて2型に変更することもおすすめです。
(1型から2型への変更には健康告知が必要です。詳しくはお問合せください)

■松田喜恵さん
途中で変えることもできるのですね!
「こども型」は唯美さんが何度か解説していたのを聞いたので、考えていました!
まずは月1,000円で安心して子育てできるといいなと思っています。

■山川
こういう話ってなかなか夫婦でも時間とらないとできないですよね。

■松田喜恵さん
そうなんです!なので、今日お聞きした話をもとに、夫と具体的に検討したいと思います!

■佐藤あゆさん(山形県民共済)
我が家も同じくです(笑)
もし、わからないことがあればいつでもお電話またはお近くの相談会にお越しください。もちろん山形市本町の事務所でもお待ちしております。
今の加入している保険に加えての検討でしたら、山形県民共済にはファイナンシャルプランナーがおりますので総合的なアドバイスもさせていただけると思います。

■松田喜恵さん
いつも配信などを見ていたので少し知識はありましたが、さらに深まりました!
ありがとうございました!




このエピソードは
2022年12月7日に実施する「山形ママ晴ればれLIVE」でも配信をいたします。前回のダイジェストはこちらからご覧いただけます。
「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。
山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

山形県民共済
佐藤あゆ さん
共済加入のご検討中は様々な情報があった方が考えやすいと思いますので、いつでもご質問ください。これまでの経験や加入者様の事例をもとにお話させていただきます。