山形県民共済|YAMAGATA MOM CHEERFUL DIARY
山形県民共済|山形ママ 晴ればれDiary
山形ママたちのリアルエピソード。
自分のことも、子どものことも、
家族のことも、よっぐ考えてます。

ナビゲーター

mama*jam代表

山川唯美

(山形市在住・37歳・会社員・5歳男児、0歳女児のママ)

皆さん、こんにちは!私は5歳の男の子と0歳の女の子の子育て中ママです。
普段は仕事をしながら、山形ママコミュニティmama*jamの運営をしています。

このエピソードは、2024年1月18日の「山形ママ晴ればれLIVE」にて配信いたしました。

当日のダイジェストはこちらからご覧いただけます。

「晴ればれLIVE」は、mama*jamのFacebookグループ内で毎月ライブ配信しているコンテンツです。山形ママの皆さん、こちらもぜひご覧ください。

晴ればれDiaryの一覧はこちらからご覧いただけます。

Vol.41

2023年12月1日掲載『妊娠中に加入しました』

「山形ママ 晴ればれDiary」は、山形県民共済とmama*jamがコラボして、子育て真っ盛りの山形ママと一緒に「ぶっちゃけ、共済ってどうなの!?」ということを語り合うコーナーです。
今回はmama*jam代表、山川唯美のエピソード「妊娠中に加入しました」編です。
mama*jamの山川唯美です。
先日、第二子となる長女を出産しました!無事に生まれてくれて本当にうれしいです。今は赤ちゃんと過ごす毎日を送っています。
今回は私のエピソードです。

私は、第一子妊娠初期のころ、切迫流産で入院した経験があります。ですので、今回の妊娠もうれしさと同時に「何かあったら…」と不安な気持ちでいっぱいでした。
また、今回初めて経験するひどいつわりには本当に悩まされました。つわりの時期は、仕事も家事も何も手につかず…。「これからどうなるんだろう?」そんな風に思い妊婦生活は不安な毎日でした。

以前から、この晴ればれdiaryでたくさんのママのエピソードに触れていたことから、今後の妊婦生活や出産に、今加入している別の保険に加える形で備えたいな、という気持ちが大きくなり、妊娠中に新たに県民共済の「総合保障2型」に加入することにしました!

■渡邉さん(山形県民共済)
山川さん、この度はご出産おめでとうございます。妊娠中、不安な日々を過ごしていらっしゃったのですね。

■山川
ありがとうございます!晴ればれLIVEをお休みしたり、仕事も休んだり皆さんにご心配とご迷惑をかけてしまって。そんな妊婦生活のスタートだったので今回は生まれるまで不安でしたが、無事に生まれてほっとしています。きっと私のように妊娠中に身体の不安を思われて県民共済への加入を検討される方は多いのではないかと思います。

■渡邉さん(山形県民共済)
はい、お客様から、「妊娠中でも加入できるのでしょうか。」とお問い合わせをいただくことがあります。県民共済では、お申し込み時に「健康告知」に該当しなければ妊娠中でもお申込みいただけます。身体が大きく変わりますから、不安もありますよね。

■山川
そうなのですね。私は先にも話しましたが、他に加入していた医療保険があるので、それとの保障のバランスをみて「総合保障2型」にしたのですが、「入院保障2型」と迷い、どのように決めようか迷った部分も正直ありました。

■渡邉さん(山形県民共済)
他に加入している医療保険などがある場合、「移動相談会」にご来場いただくとファイナンシャルプランナー(CFP)からアドバイスを受けることができます。それをご利用になりながら、決めていく方も多いですよ!
■山川
それは助かりますね!私もお願いすればよかった・・・。
私の場合、今回の妊娠では切迫流産にはなりませんでした。ただ、破水から始まった出産が、管理入院扱いになって一泊二日分が健康保険の適応になり、入院共済金の保障の対象になったのです。
やはり、出産は何があるか分からないな~というのが率直な感想です。

■渡邉さん(山形県民共済)
そうだったのですね。出産、本当にお疲れさまでした。妊娠出産はママやお子さんごとに違いますし、山川さんのように思いもよらぬトラブルがあるかもしれません。山川さんは「総合保障2型」に加入いただいていますが、妊娠出産にまつわる入院や手術を重視して備えるなら、「入院保障2型」もおすすめですよ。妊娠中の方も、ぜひ一度ご相談いただきたいです。

■山川:県民共済は妊娠がわかってからでも加入できる、というのはとても心強いです!

山形県民共済
渡邉さん
妊娠を考えている方も妊娠中の方も、ぜひお気軽にご相談くださいね。