教えて!県民共済


新型コロナ感染症の支払いについて

Q:
新型コロナウイルス感染症は共済金支払いの対象となりますか?

A:
新型コロナウイルス感染症により入院等をされた場合は、病気による共済金の支払対象となります。
 この場合、新型コロナウイルス感染症(陽性)と診断され、医師の指示等により臨時施設(指定されたホテルなど)または自宅で治療・療養している場合についても、その期間に関する医師の証明書等(診断書、保健所等からの書類の写しなど)をご提出いただくことで、入院共済金等のお支払いの対象といたします。
 ただし、2022年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症(陽性)と診断され、自宅または宿泊施設にて療養された場合、入院共済金等のお支払いの対象は、以下の重症化リスクの高い方のみとなり、①~④のいずれかに該当する方のみ共済金をご請求いただけます。
<重症化リスクの高い方>
①65歳以上の方
②入院を要する方
③重症化リスクがあり、新型コロナウイルス感染症の治療薬の投与または新型コロナウイルス感染症罹患により酸素投与が必要な方
④妊娠中の方
※①、④については陽性診断日時点で該当された方となります。
※③について、対象となる新型コロナウイルス感染症の治療薬の詳細は、こちらをご確認ください。